お知らせ・最近の作業報告

実家が汚いと帰りたくないですよね!片付けを進めるポイントを紹介!

多くの成人世代が感じる、実家の汚さ。
じかに変えると物があふれている、その原因は何なのでしょうか。

この記事では、実家が汚くなる背景や、それを解決するための具体的な方法を紹介します。
実家が汚くて帰りたくないという方は、ぜひ参考にしてください。

□実家が汚くて帰りたくない!汚くなる原因とは?

*親の認知能力と体力の低下

年齢と共に親の体力や認知能力は低下します。
体を動かすことが難しくなり、日常の掃除や整理が行き届かなくなることがあります。
また、物の価値判断が難しくなり、不要なものが溜まってしまうことも。
このような状況が続くと、家全体が散らかり、汚れが目立つようになります。

*物を捨てるのが苦手な性格

親世代は、物を大切にする価値観を持っています。
「いつか使うかも」との思いや、子供の頃の思い出の品を大切に保管していることも。
このため、不要なものが増え、家が汚れる原因となります。

*世代間の価値観の違い

あなたと親との間には、価値観の違いがあります。
衛生観念や物の価値に対する考え方が異なるため、あなたが汚いと感じる部分を親は気にしないことがあります。

□汚い実家を片付けるための実用的なアプローチ

1:親の説得に時間をかける

親とのコミュニケーションは、実家の片付けにおいて最も重要です。
親が納得し、自主的に動いてもらうことで、片付けの効果が持続します。
説得の際は、リスクやメリットを共有し、感情的にならずにやさしい言葉で接することが大切です。

2:「捨てる」を強要しない

親の持ち物に対して、強制的に捨てる行為は避けましょう。
親の価値観や思い入れを尊重し、一緒に整理や掃除を進めることが大切です。

「捨てる」ではなく「片付ける」「掃除する」という認識を家族内で共有できると、スムーズに進みますよ。

3:一緒に実家を片付ける

親と一緒に片付けを進めることで、効果的な整理ができます。
親の持ち物や家の状態を尊重し、一緒に作業を進めることで、実家の環境を改善できます。

4:小さな一区画から始める

効果を実感しやすい小さな場所から片付けを始めることで、モチベーションを維持しやすくなります。
水回りや小さな収納スペースから始めることで、効果的な片付けができます。

□まとめ

実家の汚さに悩む方へ向けて、汚くなる原因とその解決方法を紹介しました。
親の健康や生活環境に対する懸念を解消し、心の負担を軽減するためのステップを取り入れて、実家との関係をより良いものにしましょう。