お知らせ・最近の作業報告

空き家の整理をしないとどうなる?自分で空き家整理をする方法をご紹介!

空き家の問題は、日本社会で増え続ける課題の一つです。
放置された空き家は「特定空き家」として指定される可能性があり、その結果、過料が課されることもあります。

また、空き家の荷物をそのままにして売却すること自体は法的に問題ありませんが、名義変更などの手続きが必要です。
この記事では、空き家整理の重要性とそのリスク、そして自力での整理方法について解説します。

□空き家が「特定空き家」に指定されるとどうなる?

1.過料のリスク

「特定空き家」とは、国土交通省が定めた4つの条件のうち、一つでも該当する空き家を指す言葉です。
このような状態の空き家を放置すると、最大で50万円の過料が課される可能性があります。

この過料は、放置状態が続く限り何度でも課されるため、注意が必要です。

2.衛生的な問題

特定空き家は、衛生上有害な状態になる可能性が高いです。
長期間放置された空き家は、害虫やカビが発生しやすく、周囲の環境にも悪影響を及ぼします。

3.景観の悪化

放置された空き家は、その外観が荒れることで周囲の景観を損なう可能性があります。
これが地域全体の価値を下げる要因ともなり得るため、早めの対処が求められます。

4.売却時の名義変更

空き家を売却する際には、所有権が自分にあることを証明する必要があります。
そのため、名義が変更されていない場合は、売却前にその手続きを済ませる必要があります。

□空き家整理の自力での方法と注意点

1.人手とスケジュールの調整

空き家整理は、作業量が多く、体力も必要なため、一人で行うのは困難です。
そのため、少なくとも3人以上の人手が必要です。
スケジュールも余裕を持って設定し、作業の進行をスムーズに行うための計画を立てましょう。

2.必要な道具の準備

作業を効率よく進めるためには、事前に必要な道具を揃えておくことが重要です。
マスクや軍手、ゴミ袋、掃除道具など、作業に必要なアイテムをリストアップしておきましょう。

3.害虫駆除の重要性

長期間放置された空き家では、害虫が発生する可能性が高いです。
そのため、作業前には殺虫剤を使用して、害虫を駆除することが推奨されます。

4.不用品の仕分けと処分

空き家に残された荷物は、残すもの、処分するもの、保留の3種類に分けて整理します。
特に貴重品や重要な書類は、誤って捨てないように注意が必要です。

□まとめ

空き家整理は、単なる「片付け」以上の重要な作業です。
特に「特定空き家」に指定されると、法的な制裁があるため、早めの対処が必要です。

また、自力で整理する場合には、計画的に作業を進めることが求められます。
この記事を参考に、効率的かつ安全な空き家整理を行いましょう。